バイナリーオプション初心者にオススメな入門ブログ

外貨の特徴をスプレッドの高低によって見極める

FXで売買ができる外貨は、沢山の種類があります。そしてそれぞれの外貨によって、手数料などが異なっています。それは、外貨を選ぶ基準の1つにもなり得るのです。というのも手数料に関する違いは、その外貨の特徴を表しているとも考えられるからです。

例えば外貨の中には、手数料が0.2になっているタイプが見られます。ちなみにここでの0.2というのは、いわゆるスプレッドですね。もちろんその値が小さい方が、総じて手数料も低めになる訳です。ところが別の外貨の場合は、その数値が1.5前後になっているのですね。上記の外貨に比べると、明らかに手数料が高いことは確実ですが、それはある意味外貨の特徴を良く表しているとも解釈できるのです。後者の1.5の外貨の場合は、いわゆる長期売買向けの外貨とも判断できるのですね。

まず上記のような1.5の手数料になっている外貨の場合は、あまり頻度多く売買をするのが難しい一面があるでしょう。かなり手数料が高めなのですから、少なくともデイトレでの売買が少々難しい一面があります。ところが0.2の外貨の場合は、積極的な売買を行っても差し支えない事が多いのですね。そのような通貨の場合は、いわゆるスキャルピングなどでも特に問題無いと考えられます。

このように外貨の手数料の数値を見てみますと、それぞれの特徴がよく見えてくる訳です。短期売買を行いたいと思うのであれば、前述の0.2の外貨を用いてみると良いでしょう。逆に長期的なスタンスで考えているならば、やはり1.5の通貨を用いるのが良いと考えられますね。

もちろんスワップポイントなども、それぞれの外貨の特徴を見抜くポイントの1つになります。ですが最近ではそれだけで無く、スプレッドなども案外と見過ごすことができない点の1つだと思うのです。初心者の内は、どの外貨を選べば良いか迷ってしまう事も多いでしょう。その場合はスプレッドに着目してみるのがおすすめです。
お勧めサイト:http://xn--t8j4aa4nk48nb32a.com/

欧州時間では下落した後、クロス円が戻す。ユーロドルは売られる

7月9日。東京時間は、日経平均の下げ幅縮小が好感され、円売りになりました。東京時間が終わってからもしばらく落ち着いていたので、今日の欧州時間は大丈夫かもしれないと思いました。序盤は何も起こりませんでしたが、16時になると下落がスタートしました。前日の下落と比べてそこまで激しくはなく、豪ドル円は東京時間の上げを半分消す程度で終わっています。その後はゆっくりと戻してきています。他のクロス円も戻しています。欧州時間の特徴は、ユーロ売りです。クロス円は戻せてもユーロドルは下げています。ギリシャ問題が起こってから、ユーロ円とユーロドルのショートカバーがかなりきつくて本当にトレードしていたら損切りばかりじゃんって思います。その他の通貨もあまり大差はないです。比較的おとなしい値動きをする米ドル円も豹変して、甘く見ていれば叩かれています。どの通貨も気性が荒いこと。こんな相場で大事なポジションを委ねることなんて出来ません。早く普段のような穏やかな相場に戻ってほしいって思いますが、ギリシャ問題に次ぐ新たな問題が顔をのぞかせました。中国株の下落です。約3週間前から始まっていて、ここ最近になって下落がひどくなり、ニュースでも取り上げられるようになりました。そしてきのうついに下落に歯止めをかけるために中国株の1200銘柄の売買が停止になりました。それから1日経って、東京時間の日経平均に成果が見られました。中国株の下落がだいぶマシになり、日経平均は喜びました。クロス円も嬉しくて上に行きました。豪ドル円は、89.16まで突っ込んで、91.02まで高値を更新しました。現在はニューヨーク時間9時過ぎ。豪ドル円は、90.62にいます。欧州時間で下げたとき90円割れ手前まで行きました。行ってもそこまでで、再び上を目指す動きになっています。東京時間の高値の91.02を更新する形になるのかな。豪ドル円の動きが全く予想がつかない。私としては、上に行ってほしいです。

FX、相場は常にリスクと隣り合わせである

つい先日、スイスフラン急騰で市場は大変な混乱になりました。
海外のFX業者では破たんするところも出てきています。
何しろ、わずか一瞬で40円ほどの値幅が動くという歴史的にも稀に見る値動きだったため、対処する術も無く多くの人が莫大な損失を出したと言われています。
その半面で莫大な利益を得た人もいますが、誰もがここまでの値動きは予想しておらず今回の動きで為替取引の危険性が身にしみた人も多いでしょう。
勉強する事により、チャートや市場の動きの読み方はある程度できるようになっても、このような予想外な出来事は唐突に起きる交通事故のようなもので、いつどこで起きるかなど全く予想できません。
リーマンショックや、東北大震災などがその例です。
カットの値を設定していても、このような値動きの場合大幅に超えてカットされることが多く、その結果多大な追証を追ってしまうこともあります。
大きく勝てる事がある、ということは同じように負ける事ができる、ということです。
スマホやタブレットが主流になった今、本当にいつでもどこでも取引ができる時代になり、その分気軽に取引を始める人も多いようですが、このようなリスクがあることは常に心に留めておかなければなりません。
特に、順調に最初から勝ち続けてしまった人、その間大きく動く相場を経験した事のない人ほど要注意なのです。
そういう人ほど、「自分は大丈夫である」という過信が身に付き、数年の利益が一度の大損失でなくなってしまう事も少なくないのです。

FXの魅力は自由度の高さ

FXの一番の魅力は自由度の高さです。取引は月曜日の朝6時(冬季は朝7時)から土曜日の朝5時(冬季は朝6時)まで可能ですし、新規の取引や決済にかかる手数料が無いようなものですし、取引量や金額の設定もほとんど制約が無く、自由に取引できます。また活発な値動きがあるので、手持ち資金を大きく増やす機会が頻繁にあるのも魅力です。例えば株取引では取引時間が日中に限定されており、購入する資金も多く必要になります。日中は仕事などでじっくり相場に向かい合えないと諦めていた人もFXなら自分の生活スタイルに合わせて取引できます。

自由に取引できて儲けるチャンスが多いことは大きな魅力である反面、自分自身をしっかりコントロールできないと大きな損失を出してしまう可能性もあります。特にFXは射幸性があり、つい無駄に、感情的に取引をしがちです。いつでも取引はできますが、そのすべてが収益のチャンスであるとは限りません。常に冷静な判断を心がけ、余裕資金で取引をすることが大切です。

自由度が高いということは自分の資金ペースに合わせて取引することができるので、例えば大きく儲けたい場合は値動きの活発な時間帯を狙ったり、取引量を多くすることができます。逆にゆっくりコツコツと手持ち資金を増やすのであれば、取引量を抑えながら長期的に通貨を保有するという方法もあります。

どちらにしても、ある一定の収益が得られたら、または損失を出してしまったら必ず決済するというルールをあらかじめ自分の中で決めておき、それを徹底して守るということが重要です。

FXとは、通貨の売買で利得を得る投資法、

FXとは、通貨の売買で利得を得る投資法、

最近のアベノミクス効果も、金融市場ではどうやら落着きを取り戻しているようです。

株価もそうですが、円の為替も1ドルが一時は極端な円高で80円台という時期もありましたが、現在では安さを取り戻し140円を少々超えたあたりで推移しているようです。

さて、FXというのは無論、英語の頭文字で、Foreign eXchangeといい、即ち、他国の通貨と日本の通貨・円との比較、交換の意味を持ちます。 専門用語では外国為替証拠金取引とか言っているそうです。

そして、FXの本来の目的は通貨のレートの変化を取引しながら、利益を得ようとする手段です。 つまり、外国の通貨を為替レートに応じて買ったり売ったりして、利益を得る手段、取引のことを意味します。

例えば、単純に1ドルを今のレートの140円で買い、暫くして円安になり160円になったとして、その時に1ドルを売ったとすると、20円の儲けになります。

このように、外国の通貨をその時点の為替相場で売ったり買ったりを専門的に行い、それに伴って利益(損失も出ます)を出したりする行為を、専門用語でFX、若しくはFX取引と言います。

FX取引の場合はこれを大量に売買し、つまり取引資金に対して何十倍(実は制限があります)もの取引が出来る事で、これによって利得(当然、損益もある)が発生する事です。

但し、毎日の為替の変動を見ても判る通り、為替相場というのは株のように単純に激しく乱高下するものではありません。
更に詳しくは各種金融機関(ネット銀行又はFX取引の専門業者)で取引詳細について説明があります。

幼少からの経験と習慣が大事だと思います

娘は現在小学3年生です。お受験や習い事等、幼少の頃からさせる親が増えていますね。私はというと、地域柄もありますがそんなに熱心ではありません。ただ、かなり小さい頃から紙に自由に落書きをさせていました。線をなぞって遊ぶドリルのようなものを購入し、一緒に楽しみながらやったりもしました。直線、波線等色々あって、上手だねとほめながらあっという間に次々とやりました。その後は顔の描き方を実際に描いて見せて、同じように描いてみたりしました。塗り絵もたくさんしました。ぐちゃぐちゃにはみ出して塗るのは当たり前。それでも好きなようにやらせました。結果的にはそれらが、鉛筆を持って書く事への抵抗がなく、むしろ書く事が好きになり、字を教えたら喜んで真似をして書きたがるようになりました。最初はひらがなで、自分の名前を教えました。その後は少しずつ、娘が書きたいといったひらがなを書いて教えていきました。そうしてひらがなドリル、カタカナドリルへ挑戦してみました。嫌がる事無く、字を覚え、書く喜びを経験していったようです。絵を描くことが大好きになり、子供向けの雑誌のイラストコーナーに何度も掲載されたり、デザインが選ばれることもありました。字に関しては、市の席書大会という字のコンクールなるもので特選を受賞しました。学校の先生にも字がきれいだとほめられ、親子とでうれしくなりました。お金をかけて習い事をさせなくても、幼少からの経験や、積み重ねや習慣、親が一緒に取り組んでいく事が今後に結びついていくのだと思いました。ですので、宿題もやらなければならない、やるべきものだと理解し、夕飯前には必ずやり終えます。私は専業主婦ではなく仕事をしているため、登校前の朝の10分位にドリルを一枚させています。まだ中学年なので、時間よりも毎日の習慣と積み重ねを大事にしています。学校から帰宅後は宿題のみです。休日は少し多めにさせています。子供ですからもちろん文句を言う事もありますが、頑張ったら小さな楽しみやご褒美でつりながら。今はまだそれでもいいかな、と思っています。

株式投資における失敗談

筆者は株式投資歴2年半の新米投資家であり、200万円を元手に始めた当初は”アベノミクス”による株価上昇相場にうまく乗ることができたため、昨年末には最高で約270万円ほどまで残高が膨れ上がった。しかし、アベノミクス相場が落ち着きを見せ始めた2014年から地獄を見ることになる。今回は、この経験談とこの失敗から活かせる3つの心構えを紹介したいと思う。

《失敗》
 順調に株式投資で利益をあげることができるようになった頃、もう少し手っ取り早く利益を増やすことができないかと考え、一日の株価変動の幅が大きいIT株やスマホ関連銘柄などの新興銘柄に手を出すようになる。最初の一ヶ月は、運も味方に付いて、約200万円?300万を元に一日で10万円ほど値上がりする日さえあった。ただ、それがいけなかった。上昇していく株価を尻目に、何の根拠もなくまだまだ上昇が見込めると考えた筆者は長期保有目的で所有していた株を一旦手放して、新興銘柄を買い増すようになり、筆者のポートフォリオは新興銘柄で埋め尽くされた。その後新興市場の活況は過ぎ、これまでの上昇ペースが早かっただけに株価の下落もとても早い。いつか株価が元の水準に戻るだろうと持っていた銘柄全てを塩漬け状態にしてしまったせいで、現在は損失は約100万円。さらに、今さら売るに売れないし、買いたい銘柄があっても資金不足で変えないという悪循環に陥ってしまった。この経験だけは後悔しても後悔しきれない。何がいけなっかったのだろうか? 以下に3つの理由をまとてみる。

【1,新興銘柄】
 一日の値幅の変動幅が大きいため、大きな利益を得ることができる可能性もあるが、逆に大きな損失を被る可能性もある、つまりハイリスク・ハイリターンということだ。筆者は今後新興銘柄だけは買うつもりはないが、もし買うのであれば早めの利益・損失の確定をしたほうがよいだろう。新興銘柄に関して言えば、楽観的な視点で売買をしてはいけない。

【2,損切り】
 いつかは元の株価に戻るだろうと安易に考えてはいけない。2?3年以上保有目的で所有すると決心している場合は、株価が大きく下がってしまっても株価が戻るだろうと思える根拠さえあれば持っていても構わないと思うが、そうでない場合は早めに処分することおすすめする。

【3,欲張らない】
 誰しも株で大きな利益をあげたいもの。しかし、大きな利益をあげるということは大きなリスクを背負うということでもある。筆者の失敗談のように、うまくいってる時にはまわりが見えなくなってしまうものだ。実際、筆者は比較的慎重な性格であるため、こんな売買の仕方はしないだろうと思っていたが、結果はこれだ。自分は大丈夫だろうと考えている人もこの点だけは肝に銘じておいてほしい。

 どうだっただろうか?大きな損失を出してしまったことはショックであるが、そこから学んだこともたくさんある。この経験を積み重ねていくことができれば、自分だけの究極の株売買手法をみつけることができるのではないだろうか?そんなことを考えていたときにバイナリーオプションを知った。どうやら新規制になってから流行っているようだが・・・どうだろう。

金融政策と経済政策

では、この金融政策と経済政策によって為替相場はどのように動くのか?毎月主要先進国の金利と経済政策が発表されますが、市場関係者たちはこのイベントに関して注意深く分析し、観察しております。金利が下がる・上がる・据え置きという選択肢があるのですが、どの選択でも注目度が高い発表がゆえに動意いたします。またその時の経済状況によって、変化のない結果でも大きく相場が動く場合があります。特にアメリカやイギリス・オーストラリア、欧州ではドイツ・フランスに注目が集まっており、これらの国の政策次第で相場は大きく動くと言っても過言ではないでしょう。

最近の経済政策で、もっとも注目を浴びているのは、なんといってもFRBによる緩和縮小ではないでしょうか?先日、バーナンキFRB議長は長きにわたったアメリカの緩和策を縮小するような発言をいたしました。アメリカは、現在自動車産業も活気づいてきており経済に回復の兆しが見えます。この緩和縮小策が成されれば、アメリカ経済はもはや緩和という補助輪がなくても一人で走ってゆけるということを意味しますので、間違いなく米ドル円は上がるでしょう。このように、為替相場は主要国の経済政策から読み取るということも大事であり、全て読み取ることは不可能でも、ある程度の方向性を予測するということも大事なのです。

政策金利について

世界各国の先進国で現在共通しているのが、低い金利です。欧州などの国は、リーマンショック前などは4から5%、アメリカは3%と現在では考えられないような高い数値の金利でした。現在では、先進国の各国で0%に近い金利を設けており、市場にお金が出回りやすくしております。

しかし、日本以外の先進国では、日本とは逆に経済がインフレーションのため物価が高く、お金の価値をなるべく高めたいという思惑もあり、このバランスの均衡を保つのがとてもデリケートなため慎重に行っているようです。この政策金利ですが、昔から日本は金利が大きく動くということはありませんでした。2008年に0.5%から0.1%に変動したぐらいです。

ですが、逆に欧州やアメリカの場合は5、6年前までは頻繁に動いておりました。1年に2、3回変動しておりました。ここ2、3年の間はずっと固定化しており変動はほとんどしておりません。また、各国の政策金利の発表は毎月行われており、この発表によって相場は動きます。

個人投資家との違い

次に、個人投資家との意識の差です。悪い評価ですと、他人のお金で悠々とトレードをしている。損失を出しても他人のお金なので、痛手がなくなんとも思わない。などと痛烈な批判もあるのが現状です。しかし、機関投資家の世界はそんなに甘くはありません。大手になると、ほとんど契約だそうです。目標の利益を出さなければ、契約解除になり解雇になるのだそうです。ディーラーはノルマを毎回与えられ、それをクリアできなければ失格となってしまうので、死に物狂いでトレードをしています。しかも、管理も徹底していて連敗をしたら、何日間か出勤停止など厳しいルールがあります。

それと比較して、個人の意識は高い人と低い人の差は当然ですが大きいです。ルールすらない人、自分をコーチングしてくれる人がいない環境などからも、精神状況やトレード状況はバラついてしまいがちでしょう。また、機関投資家の世界は投資をするにおいて、すべて一人の人間が行っているものではりません。すべて役割が分担されており、チームのようになっております。そのチームにはリーダーがおりリーダーは通常取引はしません。一人で投資をする危険性を熟知しているのです。投資以外でも何事においても、監督するというのはとても大切なことです。方向性や結果を客観的に見てもらえるので、成長の促進や間違いが起こりにくい環境なのです。こういったマネジメントレベルと資産の差からいっても、プロと個人の差は大きいと言えます。個人のトレーダーは、負けている人が9割もいると言われておりますが、機関投資家の勝率は高いと言われております。確かに、中身を知れば個人との差の歴然に、納得してしまいます。